スポンサーリンク
注目記事
【アフターコロナ】中国の1-3月間のGDP(国内総生産)は-6.8%の成長率。【中国の時代】
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもです。

昨晩、初めてのオンライン飲み会を決行したFPひろき(@fp_hiroki)です。

 

オンライン飲み会のレポはまた今度ということで。

お楽しみに。

 

さて今日は、4/17に発表された、

中国の1-3月間のGDP(国内総生産)について取り上げます。

 

また、アフターコロナの中国について検証してみました

新型コロナウイルスの影響で、中国のGDPは初めてマイナス成長に落ち込む。

どんなことがあっても、落ち込みを知らないとされた中国経済

しかし、そんな中国経済も、さすがに新型コロナウイルスの猛威には勝てなかったようです。

 

 

今回発表された1-3月間中国のGDP(国内総生産)は、初めてのマイナス転落

しかも6.8%減という衝撃の数値でした。

 

今後の中国経済は早期の景気回復は見込めるのでしょうか。

新型コロナウイルスの流行を世界に先駆けて収束させた中国。経済の立て直し面で一歩リード。

中国に関しては、これをもって経済面での継続的な冷え込みは発展していくと言うことは無いとみています。
年内には回復基調に戻すことができ、従来並みの成長率を維持していく...
そんな見立てをしています。
つまり、中国経済の落ち込みは限定的なもので済む、というのがFPひろきの予想なのです。
しかし心配が無いわけではありません。一点懸念があるとするならば外国企業撤退の動きでしょうか。
今回の新型コロナウイルスの流行で、中国に依存しきっていた多くの外国企業は、リスク分散の動きを加速させ、中国拠点の撤退の検討に入りました。
FPひろきの先日のブログにも記したように、国家もそれに対して積極的に支援をする動きもみられます。
そうなると、中国国内の雇用不安につながりかねず、国内消費の冷え込み懸念が生じてくるのは時間の問題となるでしょう。
しかし、中長期的に見れば、他の先進各国と比較した場合、そこまで深刻なものかといえばそうとも言い切れないといえます
それを裏返していうと、先進各国においては、新型コロナウイルスとの戦いの真っ只にあることもあって、経済の立て直しの目処すら立っていないという危機的状況に陥っているからです。
中国経済にとって、そこには十分すぎるアドバンテージがあると言えるのです。

中国経済の立て直しは、世界経済にどのような影響を与えるか。

そうなると、中国経済もそのまま不況に陥っていくことも大いに考えられます
世界各国については、中国経済の枠組みにすでに組み込まれており、なかなか中国依存から脱することができないのが現実です。
豪州の鉄鉱石、NZの乳製品などが、中国に輸出できないとなると死活問題になりかねません。
そのようなことから経済面において、世界各国は急激な変化を望まないとする意見で一致した見解に落ち着くものと思っています。

中国経済は今後も健在。米国を凌ぐ経済大国にのし上がる可能性も捨てきれない。

新型コロナウイルスの封じ込めに苦戦している米国を尻目に、中国は着々と経済を立て直す手立てを打ち出してきています。

 

米国経済が止まっている間に、中国は米国経済を追い付き追い越せでガムシャラに取り組んでくることでしょう。

 

米国がもたもたしている間に割と早い段階で、経済大国一位の座の逆転も起こり得る...。

 

そしてしたかかな中国は、ここをチャンスとみるや、軍事的な動きも加速させる可能性もあります

地政学リスクを抱えることになる日本は、厳しい立場に追いやられることは間違いありません

 

米国もうかうかしていられなくなります。

もしここで中国に経済大国一位の座を譲り渡すようなことがあれば、我々の米国への長期投資戦略の見直しも迫られそうです

 

新型コロナウイルスの流行は、身近なライフスタイルのことからグローバル経済に至るまで、広い範囲で地殻変動的変化が地球規模で生じてくる可能性を一気に生み出しました。

 

アフターコロナの世界は、世界各国の動きも含め、目が離せなくなりました。

 

投資判断においては、なお一層マーケットの読み込みが重要になってきそうです

 

...と言うことで今日はここまで!

 

おしまい!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事